池の畔の遊歩音楽会
跡地巡礼06

「善福寺の幻聴」

江戸後期の文献には「池の周囲にはかつて善福寺・万福寺という二寺があったと土地の人には伝わる」とある。善福寺が姿を消した理由には「豊島氏の菩提寺だったので太田道灌の家来が燃やした」「将軍の鷹狩りには寺が邪魔で取り壊された」「大地震で池の水が溢れて壊滅した」等、諸説がある。善福寺は今なお、正体不明の謎の寺である。

▼この下の画像に触れると始まります。