池の畔の遊歩音楽会
跡地巡礼03

「縄文人との共感」

この池の周囲には、旧石器時代・縄文時代の住居跡が数多く残されている。あまたの時代を通じて、人々が継続的に暮らしを繋いできたこの土地で、私たちの想像を超えたさまざまな風景が立ち現れては消えていった。そうしたなかで、縄文時代から今ここに至るまで、ずっと続いている風景もあるだろう。

▼この下の画像に触れると始まります。